写真デジタル化・スキャンサービスの店長ブログ


ディスプレイ凝視の仕事に欠かせない「アイケア用品」ベスト2

カテゴリ:スマイル・シェアリングのサービスについて |掲載日:2014/01/07

 

 

写真デジタル化の店長ブログへようこそ!「思い出アーキビスト®」の店長:樋口智久です。


本年もどうぞよろしくお願いいたします!!

 

今年も、このブログを通じて、より多くの皆さんにスマイル・シェアリングのサービス内容や、「古い写真のデジタル化」「思い出アーカイブのノウハウ」などについて知っていただきたいと思っています。

 


それではさっそく、新年最初の記事に行きましょう!

 

 

パソコンやスマホが身近になって、液晶画面を凝視する時間が増えてきたと思いませんか?

 


私は仕事柄、毎日長時間、ディスプレイと“にらめっこ”しています。

 


スキャンした写真を一枚一枚、目視で品質チェックしていくのです。

 

「画像を回転して上下左右を正しく」

 

「写真の白枠(余白)があれば除去」

 

「画像に傾きはないか?」

 

「大きなホコリの取り込みはないか?」

 

「(フィルムの場合)裏焼きはないか?」

 


・・・などなど、一枚の写真画像にかかるチェック項目は多岐にわたります。

 


そんな作業を毎日行いますので、目のケアがとても大切なんです。

 


そんな私が、いつも利用しているアイケア用品をご紹介します。この2つです!!

 

 

eyecaregoods.jpg

 

「ブルーベリーエキス」と、「蒸気で温めるアイマスク」です。

 

目の外側と内側の両面から、眼球をいたわっています。

 

 

まずは、ブルーベリーエキス。

 

これを飲むと、「目の周りに水分が集まってくる」感じがしてくるから不思議です。(個人差があります)

 

ドライアイも、これで軽減できている実感があります。

 

 

そして、蒸気アイマスク。

 

この寒い時期には、特にありがたい!!

 


私は、仕事場に着いて仕事を始める前にこれをしています。

 

温かい濡れおしぼりを目に置いた時と同じ感覚で、寒い外気に冷やされた目に活気が戻ってくる感じがします。

 

これですぐに仕事に取り掛かれます。

 


使い捨ての蒸気アイマスクもありますが、これは電子レンジで温めて何度でも使えるので、経済的にもありがたく、使い捨てのと違って、使い始めからすぐに温かいのもGOODです!(温め時間は電子レンジで30~40秒)

 

 

・・・と、日ごろのアイケア用品をご紹介しました。


個人で写真をデジタル化されている方や、ディスプレイを凝視する様々な仕事の皆さんにおススメです!!

 

 

このように、日々画面を凝視しながら、昔の写真に一枚一枚向き合っています。

 

【思い出アーキビスト® 店長/樋口智久(デジタル・アーキビスト)】

 

 

blog_bnr.gif

ページのトップへ