スライド(リーバーサルフイルム、マウント付き)をデータ化したいのですが、マウントの窓枠のギリギリまで入るようにデータ化、できますでしょうか?別のところでデータ化したら、マウントの窓ぎりぎりまでは読み込めないということで、必要な被写体の端が切れてしまいました。また、どこも同様と言われました。マウントをはずしても良いので、フイルム全体をデータ、または紙焼きに入れたいのですが、御社では可能でしょうか。

マウントされたスライドの窓枠には様々ありまして、四隅が丸くカーブしているものですと、四隅の部分が光を通さず、黒くなってしまいます。ですので、四隅が黒くならないよう、画像を小さめに切り出すのですが、そうしますと、窓枠のぎりぎりの部分が切り出されず、データ化されない状態になってしまいます。

あるいは、フィルム内(窓枠内)全体が黒っぽいものですと、「窓枠」と「フィルム」の境目がスキャナで認識できず、極端に狭い範囲しかデータ化されない場合もございます。

弊社では、1コマ1コマの画像切り出し範囲を、手作業で判断いたしておりますので、上記のように四隅が黒くなっても窓枠ギリギリまでデータ化が必要、とあらかじめご指示いただけましたら、その通りに作業することが可能です。

ただし、なんらかのほかの理由があることもございますので、まずはぜひ弊社の「おためしプラン」をご利用ください。

スライド写真データ化の詳細につきましては、こちらをご覧ください。
https://smile-sharing.co.jp/service/negascan.html

掲載日:2015年1月21日
Posted in すべてのご相談.
  • バラ写真のスキャン・デジタル化詳細アルバム写真のスキャン・デジタル化詳細フィルムのスキャン・デジタル化詳細ビデオテープのDVDダビング詳細
    スキャニング・デジタル化のススメ
    お客様に選ばれる・喜ばれる理由