「最適なフィルムの解像度は?」店長ブログを更新しました

掲載日:2014年11月29日

いつも、写真のデジタルデータ化サービス「スマイル・シェアリング」を
ご利用いただき、誠にありがとうございます。
写真にまつわるさまざまなお話を、店長ブログとして不定期に綴っております。
本日、新しい記事を更新しましたので、ぜひご覧ください!

★「店長ブログ」はこちらです!★

写真のフィルムって小さいけど、
スキャンする時はどのくらいの「解像度」が必要なの?

掲載日:2014年11月29日

プリントされた写真などをスキャンしてデジタル化する場合には、「解像度」300dpiが最適であると前回ご説明しました。

【前回の記事】写真デジタル化の「解像度」は高い方がいいに決まってる?
答えはNO!用途によって必ず最適があるんです!


プリント写真の場合、そのままの大きさで使用するだけではなく、もっと拡大してプリントアウトする予定があるのであれば、その分だけ「解像度」を高くしましょう、と書きました。

では、写真のフィルムの場合はどうなるのでしょうか?今回は、フィルムのスキャンの「解像度」についてご説明します!

FilmScan.jpg写真フィルムも考え方は同じ!

基本的な考え方は、プリントした写真もフィルムもまったく同じです。
そのままの大きさで使うなら「解像度」は300dpi。縦横を2倍の大きさにして使用するなら、「解像度」も2倍の600dpiが適切だと言えます。

でも、フィルムと同じ大きさ、あるいはほとんど変わらない大きさで使うことはあまりないでしょう?ですから、それなりに「解像度」を高くする必要があるんです!

ところで、ここで言うフィルムって、どんな大きさでしょうか?

フィルム用のカメラに入れる一般的なものは、35mmフィルム。幅が35mmで、画像の明暗や色が反転(ネガ)しています。

以降は、このサイズのフィルム(35mmフィルム)を前提にお話しします!

出力サイズ別の適正な「解像度」は?

フィルムを、ハガキサイズ(100×148mm)まで、例えば写真のプリントでよく目にするL判(89×127mm)の大きさに出力するなら、「解像度」は1200dpiでスキャンするのが最適です。

六切(203×254mm)やA4でプリントアウトする予定でしたら、2400dpiが適切。

◆35mmフィルムの「スキャン解像度」と「最適な印刷用紙」の関係

フィルムスキャンの解像度と最適な印刷用紙の関係
(スマイル・シェアリングでは、ポジ・ネガともに1200dpi(1コマ@48円)でのスキャンを標準として、2400dpi(1コマ@96円)でのスキャニングも受け付けております。詳しくはこちら

このように考えると、四切(254×305mm)やA3サイズを想定しているなら3200dpi、最近は家庭用のプリンターでも目にするA3ノビ(329×483mm)やA2サイズなら、「解像度」は4800dpiがおススメです。

もしもA1サイズのような大きな印刷物にするのであれば、6400dpiもの高い「解像度」を必要とします。

ただ、写真のフィルムは35mmフィルムだけではありませんよね?

ポジフィルムは?ブローニーは?スライド用にマウントしたものは?4×5フィルムや6×7フィルムって?ほかにも8mmや8×10判というのも聞いたことがあるような…。

そこで次回は、写真フィルムの種類や違いを解説します。

⇒(次回)【フィルム豆知識】 写真フィルムの種類とその違いって?

⇒当社のフィルムスキャンサービスの詳細はこちらをご覧ください!

スマイル・シェアリングでは、時間のない皆さんのために専門家が写真のスキャンを代行しています。ただいま、「無料おためしキャンペーン」やってます!

⇒詳しくはこちらをご覧ください。

【思い出アーキビスト® スマイル・シェアリング店長/樋口智久】

バラ写真のスキャン・デジタル化詳細アルバム写真のスキャン・デジタル化詳細フィルムのスキャン・デジタル化詳細ビデオテープのDVDダビング詳細
スキャニング・デジタル化のススメ
お客様に選ばれる・喜ばれる理由

 

「写真 デジタル化/お客様ご相談室」を更新しました!

掲載日:2014年11月27日

いつも、写真のデジタルデータ化サービス「スマイル・シェアリング」を
ご利用いただき、誠にありがとうございます。
日々寄せられる、お客様からのさまざまなご質問やご相談を、
「お客様ご相談室」ページに記録しております。
本日も、ご相談内容を更新しましたので、ご覧ください!!

★「お客様ご相談室」ページはこちらです!★

ページ丸ごとスキャンのみお願いしたいのですが、料金を教えてください。40ページほどの貼付けタイプ(外寸33cm角くらい)のアルバムが11冊です。1枚1枚のスキャンは検討しておりません。また、350dpiでお願いした場合で金額が変わるのであれば、合わせて教えて頂きたいです。

掲載日:2014年11月27日

「ページまるごとスキャン」のみの受付も、あらかじめご指示いただければ承っております。

ご依頼の、40ページのアルバムを11冊、ということですと、以下のお見積金額となります。
――――――――――――――――――――――――
【お見積代金】 46,159円(税込)※300dpiの場合
――――――――――――――――――――――――
(内訳)
基本料金       500円
ページまるごと 42,240円(40ページ×11冊×@96円)
返却送料        無料
消費税       3,419円

また、弊社では「350dpi」でのスキャニングはお受けしておらず、「400dpi」と「600dpi」の2通りでの受付とさせていただいております。

400dpiでは1.5倍、600dpiでは2倍のスキャニング料金をいただいており、400dpiでは以下のお見積となります。
―――――――――――――――――――――
【お見積代金】 68,969円(税込)※400dpiの場合
―――――――――――――――――――――
(内訳)
基本料金       500円
ページまるごと 63,360円(40ページ×11冊×@144円)
返却送料        無料
消費税       5,109円

以上でございます。
ご検討いただきまして、ご注文いただける際は、申し込み入力にて通信欄に「ページまるごとのみ希望」や「解像度」などについてお書き添えください。
https://smile-sharing.co.jp/order/

東京都 40代 女性のお客様

掲載日:2014年11月26日

少量のお願いにもかかわらず大変丁寧で迅速な対応をして頂き、感謝しています。
ネット注文で顔が見えない分、こういった誠実な対応をしていただけたので、とても安心してお願いできました。
予算も当初の予定よりずっと安価に抑えられました。また機会がありましたらぜひお願いしたいと思います。ありがとうございました。

 

店長からのひとこと

こちらこそプリント写真のデジタル化をご利用いただき誠にありがとうございました!
ご満足いただけたようで、なによりでございます。
またのご利用を心よりお待ちいたしております。
⇒プリント写真のデジタルデータ化サービスの詳細はこちらです。

東京都 40代 女性のお客様

掲載日:2014年11月24日

連絡が遅くなりましたが、先日無事に写真とデータを受け取りました。
なかなか対応してくれるところがなく、困っていたところに安価にそして大変誠実に対応していただきとても感謝しています。
お陰さまで年賀状作成に間に合いそうです。本当にありがとうございました。
またぜひお世話になりたいと思っておりますので、その際もよろしくお願いいたします。

 

店長からのひとこと

こちらこそプリント写真のデジタル化をご利用いただき誠にありがとうございました!
ご満足いただけたようで、なによりでございます。素敵な年賀状ができますように!
またのご利用を心よりお待ちいたしております。
⇒プリント写真のデジタルデータ化サービスの詳細はこちらです。

「最適な写真スキャンの解像度とは?」店長ブログを更新しました

掲載日:2014年11月22日

いつも、写真のデジタルデータ化サービス「スマイル・シェアリング」を
ご利用いただき、誠にありがとうございます。
写真にまつわるさまざまなお話を、店長ブログとして不定期に綴っております。
本日、新しい記事を更新しましたので、ぜひご覧ください!

★「店長ブログ」はこちらです!★

写真デジタル化の「解像度」は高い方がいいに決まってる?
答えはNO!用途によって必ず最適があるんです!

掲載日:2014年11月22日

写真を保存するのも、プリンターで印刷するのも、テレビやパソコンで観るのも、ブログに掲載するのも、「解像度」はとにかく設定できる最高の値がいい!、と思っている人はいませんか?

中には、「あまり高くてもムダだ」と分かっているのに、どの程度にするかを考えるのが面倒なので、高めに設定しているという人もいるかも知れません。

しかし、ムダなだけならまだしも、最適でないとデメリットもあるんです!

今回は、適切な「解像度」についてご説明します。

Album.jpg

まずは「解像度」のおさらい。

「解像度」とは画像の密度のことで、その単位が「dpi(ドット・パー・インチの略)」で、1インチにどれだけ「ドット」があるかを表しています。

前回の記事 『解像度とは?画素とは?dpiとは・・・』はこちら

「300dpi」以上は意味がない?

300dpiは、充分に高画質です。

元々の写真データなどを、そのままの大きさでプリントアウトや印刷するのであれば、スキャンする「解像度」は300dpiが適切だと言えます。

それ以上に「解像度」を高めても、人間の眼でその差を認識することは、残念ながら無理なんです。

デメリットもあります。

必要以上に高い「解像度」で写真をスキャン、あるいはプリントアウトしようとすれば、それだけ時間がかかってしまいます。

解像度を2倍にすれば、縦×横それぞれ2倍細かく読み込むことになり、データの大きさは(2×2=で)4倍にもなってしまいます。

「解像度」を高くすればするほど、大きなデータになりますので、ハードディスクやメディアに保存できる点数が減りますし、メールに添付して送れば、受信側へ負荷をかけたり、受信拒否されたりする場合もあります。

では大きく印刷する場合は?

ただ、「元の画像(写真)よりも大きく印刷する場合」には、別の話なんです。

例えば、ハガキをA4サイズで印刷やプリントアウトしたい場合を考えてみましょう。ハガキは、ほぼA6サイズですので、A4を縦横それぞれ半分にした大きさ。

先ほど書いたように、「仕上がりは300dpiが最適」ですから、ハガキをスキャンしてA4用紙に拡大印刷するためには、解像度を上げて、600dpiが適切ということになります。

よく、「大きな写真だから高解像度で取り込んでほしい」、とご注文されるお客様がいらっしゃるのですが、それはむしろ逆で、「小さな写真ほど解像度を上げるべき」なんです。(大きな写真をもっと拡大してポスターサイズに印刷したい、という場合は別です)

◆プリント写真スキャンの解像度と最適な印刷用紙の関係
resolution_print.png基本的に、「そのままの大きさで印刷する予定なら300dpiでスキャン。拡大印刷する予定ならその拡大分だけ解像度を高くしておく」、と覚えておくと良いでしょう。

写真を印刷する予定が無く、テレビやパソコンなどの液晶画面で見たり、ブログやホームページなどに掲載できれば充分という場合は、もっと低い「解像度」でも良いのです。

そもそも、パソコン画面の「解像度(表現できる画質)」は70~90dpi程度ですので、それ以上であれば問題はありません。

当店の写真スキャンサービスでは、「300dpi」を標準として、ご希望に応じて高解像度の「400dpi」や「600dpi」での写真スキャンも承っております。

標準解像度である「300dpi」の作業は、1枚あたり 29円(プリント写真の場合)ですが、
「400dpi」は、1枚あたり 43.5円 (標準の1.5倍額)
「600dpi」は、1枚あたり 58円 (標準の2.0倍額) にて作業いたします。
(別途、基本料金、返却送料、消費税がかかります。)

詳しくは、料金一覧ページをご覧ください。

最適な解像度で、たくさんの思い出を効率よく保存していきましょう!!

次回は、写真「フィルム」をスキャンする場合には、どのくらいの「解像度」が必要なのか?を解説します。

⇒【次回】写真のフィルムって小さいけど、スキャンする時はどのくらいの「解像度」が必要なの?

スマイル・シェアリングでは、時間のない皆さんのために専門家が写真のスキャンを代行しています。ただいま、「無料おためしキャンペーン」やってます!
⇒詳しくはこちらをご覧ください。

【思い出アーキビスト® スマイル・シェアリング店長/樋口智久】
◆当店は『キャッシュレス・消費者還元事業』の【5%還元】対象事業者です!◆

バラ写真のスキャン・デジタル化詳細アルバム写真のスキャン・デジタル化詳細フィルムのスキャン・デジタル化詳細ビデオテープのDVDダビング詳細
スキャニング・デジタル化のススメ
お客様に選ばれる・喜ばれる理由