写真デジタル化・スキャンサービスの店長ブログ


押入れにある昔の写真が売り物に!?いま話題の
「ストックフォト」を、皆さんも利用してみませんか?

カテゴリ:デジタル化した写真の楽しみ方 |掲載日:2015/02/27

「ストックフォト」って知っていますか?

カメラが趣味の人たちや、仕事で写真素材を使用する人たちに、最近ずいぶん人気だそうです。


「ストックフォト」って何でしょう?

インターネット上で写真のデータを売買できるサービスが「ストックフォト」。

サービスを仲介する専用の運営会社がいくつもあります。

売る人は、自分で撮った写真データを、その会社にネットを通じて提供します。

買う側は、そうして集まった多くの写真から必要なものを探し、気に入った写真があれば、使用料を支払ってダウンロードするというシステムです。

もちろん、プロのカメラマンも多く参加していますが、意外にも、アマチュアの人たちがたくさんの写真を提供しているようです。

運営会社によって異なりますが、9割以上が素人カメラマンというところも少なくないようです。


このサービスが人気な理由は?

写真を買っているのは、主に企業。

パンフレットや広告などに使用するためにイメージ写真を探すらしいです。

理由は明快。ずばり、その金額です。

高いものでも数千円で、安いものでは500円程度の写真もあるとのこと。

カメラマンやモデルを自分たちで用意して、スタジオなどで撮影していたら、そんな金額では済まないのは当たり前です。

既存のレンタルフォト会社を利用した場合でも、広告に使用する目的では、数万円以上しますから、やはり非常に低価格だと言えますね。

写真を提供しているのは、アマチュア写真家が大半だと書きましたが、上記のように安価な上に、使用料の一部だけが報酬なので、プロが商売として参加するのは、難しいというのが大きな理由でしょう。

しかし、それでも提供者が多いのは、やはりアマチュアだから。

これまではただ撮影して、眺めたり、周囲に見せたりするだけだったものが、少額とはいえ対価が支払われるので、撮影のモチベーションになるのでしょう。

まして、企業のポスターやパンフレットなどに使われる可能性もあるのですから、腕自慢の素人カメラマンが挑戦したくなるのも分かります。


昔の写真が売れるかも!

自分が撮った写真でなくても大丈夫です。

もちろん、自分の持ち物でなければ困りますが、整理ダンスの奥に置いたままの写真でも、デジタル化すれば「ストックフォト」に提供できるんです。

どんな写真でもアップロードできるという前提(※)だから、ということはありますが、案外、売れる写真があるかも知れません。

1970年代の遊園地(さやま遊園)
sayama_yuen_1970s.jpg 買い手がつくのは、どんな写真でしょうか。もちろん写真として素晴らしければ、売れると思います。しかし、希少価値のある素材というのも、需要があるでしょう。

コンピューターグラフィックスで再現する以外には、現代では撮影することのできない、昔の風景、昔の建物や街並みなどは、なかなか手に入らない写真ですよね。

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」のような、古き良き時代の人々の暮らしぶりなどが写ったものなら、需要も結構あるのではないでしょうか。

置いておくだけなら、ただの邪魔物かも知れませんが、お金になる可能性があるとしたらいかがでしょう?大昔、若いころ、趣味でたくさん撮っていたSL写真や風景写真など、「宝の山」かもしれません!

そういうキッカケでもいいと思います。ちょっと可哀想な眠ったままの写真たちを、整理して見返す機会にしてみてはいかがでしょうか?

そういった写真のデジタル化なら、私たちスマイル・シェアリングにおまかせください!


(※)他人の権利を侵害するような写真、公序良俗に反する写真などは受け付けられない、というようなルールが、それぞれの運営会社で設定されていますので、ご注意ください。


【思い出アーキビスト® スマイル・シェアリング店長/樋口智久】

blog_bnr.gif


ページのトップへ